役員の任期について

各法人の役員の任期
 

※以下それぞれ、変更や再任の登記を行う期間は"2週間以内"となっておりますのでご注意ください。

 

【株式会社】

取締役・・・原則2年(2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時)

監査役・・・原則4年(4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時)

代表取締役・・・特になし(取締役としての地位が前提となる)

※定款の定めにより、10年まで伸ばすことができる。

 

【有限会社】

取締役、代表取締役・・・任期なし

※新会社法において有限会社が廃止されたことにより、現存する有限会社に限り任期がない。

 

【合同会社、合名会社、合資会社】

社員・・・任期なし(出資が前提となる)

 

【社団法人、財団法人】(公益法人含む)

理事・・・原則2年(選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時総会等の終結の時)

監事・・・原則4年(選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時総会等の終結の時)

評議員・・・原則4年(選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時)

代表理事・・・理事の地位が前提となる

※理事・監事につき短縮の定め可、評議員につき6年以内の伸長の定め可

 

【医療法人】

理事・監事・・・2年以内

理事長・・・理事の地位が前提となる

※登記されるのは理事長

 

【社会福祉法人】

理事・監事・・・2年以内

理事長・・・理事の地位が前提となる

※登記されるのは理事長

 

 

◇掲載されていない法人や役員についてはお問合せください。また、例外規定については一部省略しております。

司法書士 郷田事務所

〒625-0061 京都府舞鶴市森町13-14

TEL:0773-77-5108 

© godaoffice.com. All Rights Reserved.