相続登記の費用の目安

印紙代や証明書代等の実費 + 司法書士費用 ⇒ 相続登記の費用
 

【登録免許税】(印紙代)

登記簿の名義人を変えて、公に不動産の所有権を登録してもらうための国税です。

不動産の固定資産評価額の4/1000、例えば、故人の土地建物の評価額が合計1,000万円の場合、4万円が登録免許税となります。

 

【各種証明書の費用

主に、戸籍や除籍・住民票、登記簿謄本などの費用です。相続人の数や、戸籍の移動回数、不動産の数などにより取得する通数が異なります。なお、郵送により証明書を請求する必要がある場合は、切手代等の費用もかかります。

 

【司法書士費用】

司法書士に名義変更手続きを依頼した場合の費用です。各事務所により、また、地域により費用は異なります。不動産の数や評価額、相続人の数やその関係性など、個別の難易度により上下することになります。なお、当事務所では、業界特有の「費用のわかりにくさ」を改善すべく、詳細な価格表を作成し、ご相談の際に分かりやすく提示させていただくように努めております。

 

【司法書士費用の目安】

例えば、被相続人1人、相続人の数2~3人、不動産が自宅土地建物のような一般的なケース(特別な事情がないケース)で、戸籍集め・相続関係説明図作成・遺産分割協議書作成・登記簿調査など相続登記一式をご依頼の場合、実費を除き5~10万円くらいがこの地域の相場と思います。(※私見です)

 

名義変更(相続登記)の費用は相続税などのように、びっくりするような高額になることはほとんどありませんのでご安心ください。また、費用も重要ですが、先代からの大切な財産を守ることが何よりも重要です。当事者との接し方ひとつで話がこじれてしまうケースも少なくありません。信頼できる専門家にご依頼されることをおすすめいたします。

 

司法書士 郷田事務所

〒625-0061 京都府舞鶴市森町13-14

TEL:0773-77-5108 

© godaoffice.com. All Rights Reserved.