不動産の名義変更はお済みですか?

 

相続登記とは、相続が発生した場合に法務局において不動産の登記簿の名義変更を行うことです。

預貯金など身近な相続手続きだけを行い不動産については放置しておられませんか?

では、放置しておくとどのようなことになるのか?

 

【期限】
名義変更する期限や法律上のペナルティはありません。
逆に言うと、期限やペナルティが無いから放置されやすいとも言えます。

 

【所有権】
故人名義の不動産は、登記簿上相続人全員の遺産共有の状態とみなされることになります。仮に長男が家を継いで実際に住んでいたとしても、名義変更が済んでいなければ、第三者に「自分が相続した」と主張できません(民法第177条)。

 

【相続関係】
そのまま放置しておくと、次の代、また次の代へと、相続関係が広がります 。本来、少人数の身内で円満に解決できたはずの話合いが、人数が広がってしまったために、こじれてしまうケースも少なくありません。
 

【不動産活用】
不動産を売る、家を建てる、不動産を担保として提供する、など不動産を有効活用する場合、名義が故人のままになっていれば、業者さんや金融機関さんから「まずは名義変更をしてください」と言われます。これは、名義変更をしなければ自分が所有者と証明することできないことを意味します。つまり、名義変更は不動産活用の前提条件になっています。


慌てて名義変更手続きをしなくてはいけないということではありませんが、次の代に円滑に不動産を引き継ぐためには、なるべく早いうちに、現在の「代」の相続人同士で、「誰が」「どの財産を」「どれだけ」取得するかを相談し、相続登記を済ませてしまうことが肝心です。

司法書士 郷田事務所

〒625-0061 京都府舞鶴市森町13-14

TEL:0773-77-5108 

© godaoffice.com. All Rights Reserved.